SSN報告会 総括

12月24日に開催された「SSN報告会」のまとめを書かせて頂きます。 去年3月11日の東日本大震災以降、秋田県の大学生が自主的にボランティア活動を行なってきました。 そうした学生復興支援団体が集まり、秋田の学生の力を最大限に発揮すべく、一つのネットワークとして形成されたのが「秋田学生復興支援ネットワーク」です。 ↑↑報告会の模様がご視聴いただけます!  
報告会はアルヴェ1階「きらめき広場」で行われました。 これまでのSSNによる活動を映像と共にお送りしながら 被災地でどのような動きをして来たのか 被災地で感じられた変化など この9ヶ月間が凝縮された、非常に内容の濃い報告会になりました。
   
「現地の人たちの笑顔が見れるようになった」
         
当日は宮城県気仙沼市から現地の南郷地区で活躍されている 復興支援基地「NANGO-BASE’s」より NANGO-BASE’s代表 武田雄高さんもお越しくださいました。 武田さんにお持ち頂いたDVDには、 震災直後の街並みを月明かりで照らした写真が入っていて、悲しさよりも神秘的な印象を持ちました。 このDVDは報告会中にも流させていただきました。
  今回の報告会では、後ろの席でご覧頂いていた人たちの視線と そこに込められた気持ちが感じられて、とても嬉しかったです。SSN報告会の他にも、年末年始にかけてアルヴェでは様々なイベントが開催されました。 その模様は「秋田駅周辺魅力創造プロジェクト」サイト「エキイコ!」にてご視聴いただけます。 「エキイコ!」トップページURL http://alve.tv/

Comments are closed.